『フリーランスの移住に関する意識調査』

『フリーランスの移住に関する意識調査』

移住者誘致を行う自治体を含めた団体、そして移住者を受け入れるコミュニティ関係者にフリーランスの心理的な傾向を知っていただきたいと思っています。先入観を持たず、ありのままの結果をみていただきたいと思います。 今回、首都圏、関西圏、愛知県、福岡県在住の移住を考えるフリーランスがアンケート対象です。2016年7月に実施しています。

『フリーランスの移住に関する意識調査』

まず、フリーランスと言ってもいろいろな職種があり、職種により働き方の傾向があります。大都市へのアクセスと移住先のビジネスチャンスの間で揺れ動く傾向が見られる中間タイプが多いという結果です。

『フリーランスの移住に関する意識調査』

フリーランスというと「専門職へのこだわりが強い」というイメージがありますが、それを覆す結果です。収入が十分である層は一部であること、世の中で求められているスキルの変動が激しいことを含め、兼業含めた新しい職への柔軟なスタンスを持っていることが伺えます。

『フリーランスの移住に関する意識調査』

要するに「移住先でどんな生活が送れるか」への興味が一番です。もちろんその土地・場所で培われていたものには無関心ではないですが、自分の求める生活が頭に浮かんだ上で初めて関心が向くというのが本音ではないでしょうか?

『フリーランスの移住に関する意識調査』

首都圏・関西圏関わらず「沖縄県」「北海道」「その他海外」の人気は目を見張ります。現実味ある選択肢として在住地近郊で上位の県もあります。
首都圏だと4位「長野県」5位「静岡県」が近郊で人気、それに他都市圏である「京都府」「福岡県」「大阪府」が続きます。
関西圏では5位「和歌山県」が健闘、近郊では「奈良県」「高知県」「岡山県」が続きます。首都圏での「東京都」「神奈川県」が上位です。
これを見ると県名で人気の差が出ているのが現状のようです。

いかがでしたでしょうか?フリーランスの頭の中を少しでも理解してもらえたらと思います。

---------------------------------------------------------------
調査時期:2016年7月
調査対象:移住を考慮していると回答した都市在住フリーランス750名へのアンケート
居住地対象:首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)、愛知県、関西圏(大阪府、兵庫県、京都府)、福岡県
---------------------------------------------------------------

TOPへ