温泉街での出会い交流から生まれた、
まちづくりプロジェクト

CHIKUMA
CITY
WORKATION

ただいま千曲市で
ワーケーション実験中

トップ画像

message

ワーケーション体験会から生まれた
「ワーケーション・まちづくりラボ」

2019年10月から「快適な働き方の実践」と「温泉・絶景など地域資源を活かすこと」を目的に始まった長野県千曲市でのワーケーション体験会。

参加者にとってより快適に働ける場所を追求し、MaaSシステムを開発、観光列車のような観光資源を有効活用したイベント(トレインワーケーション)も開催してきました。

次第にワーケーション参加者はチームメンバーとなり、行政・宿泊施設・飲食店、そして鉄道事業者等も協働で「ワーケーションまちづくり」を実験的に進めています。

ワーケーション・まちづくりラボより

いろんな場所で働く!
ワーケーション体感イベント

welcome days
千曲ワーケーション・ウェルカムデイズ

自然豊かで多くの絶景ポイントと優しい温泉がある交通の要所「長野県・千曲市」を拠点に定期的に約1週間のワーケーション・ウェルカムデイズ(WWD)を開催しています。
地元行政や観光局や宿泊施設やワークスペース・交通事業者と提携し、仕事がはかどるバリエーション豊かな環境提供はもちろん、ゼロ・カーボン等の社会的課題を実生活に絡めて学んだり、信州の社会課題に触れたアイデアソンを行なったり、出会いと学びに溢れたコンテンツを用意しています。

2021年
11月14日~11月20日

学び深まる秋の温泉ワーケーション

学び深まる秋の温泉ワーケーション

2021年
9月29日 10:00~20:00

「おうちdeワーケーション」

オンラインワーケーション体験

2021年
9月29日・30日・10月1日

「地元deワーケーション」

温泉MaaSでちくまの魅力、再発見!

train workation
トレイン・ワーケーション

「電車を活用して仕事ができたら楽しみながら仕事がはかどるのではないか。」参加者の提案によって実現した、観光列車「ろくもん」を貸し切った「トレインワーケーション」。 週末・祝日運行で資産の活用が半分程度となっている観光列車の活用につながり、売上が減少する鉄道業界の活路にもなる取組みとして可能性を見出しました。 トレインワーケーションでは、こうした平日の遊休資産を活用することができ、停留駅との連携によって、参加者に地域の魅力をアピールすることも可能となります。

今後全国の鉄道会社や自治体でのアイデアのきっかけとなるべく、ユニークなプランを提供していきます。

10/13(水)~10/15(金)

五感喜ぶ創造の旅「信越トレインワーケーション」

「ろくもん」と「雪月花」を乗り継ぎ、宿、食事、温泉、信州と新潟の秋を全身で感じる2泊3日

最新(8/10運行)

温泉街から高原湖畔までの往復トレインワーケーション

真夏のワーケーション・ウェルカムデイズに合わせて

前回(2/24運行)

日本初の貸切トレインワーケーション

第5回千曲市ワーケーション体験会に合わせて運行

ワーケーションから始まった、
社会をよくするプロジェクト

onsen maas
温泉MaaS

ワーケーション参加者の移動をより便利に、より多くの観光地に足を運んでもらうためにどうしたらよいか。 ワーケーション参加者で行ったアイディアソンから生まれたアイディアが「温泉MaaS」です。
現在、将来的な市民活用、他自治体の横展開を見据えて、まずはワーケーション体験を向上させるシステムとして実証実験を行なっています。
コンセプトは「シンプル&便利」。LINEを使ったインターフェイスに、関係事業者にも理解しやすいフローを構築。
移動の目的をヒト・モノ・コトとの出会いと定め、移動手段だけでなくワークスペースや物産などにも使える独自のチケット制を採用しています。

実装・連携中の機能・交通手段
  • ワークスペース案内
  • 絶景名所紹介
  • タクシー配車
  • レンタサイクル
  • シェアサイクル(予定)

zero carbon
ゼロ・カーボン

信州の暮らしや地域資源との関わりが深い、ゼロ・カーボンの学び・普及・実践を長野県での取り組みと連携しながらコンテンツとしています。

ワーケーションレポート

ワーケーション・ウェルカムデイズの開催後、参加者へのアンケートを集計・公開しています。新しい地域活用や社会課題解決に向けた先進事例として活用いただけるレポート作成を心がけています。

ワーケーションの今と可能性分析レポート

第一回 調査結果要旨

ワーケーションの今と可能性分析レポート

  • ​ワーケーションの価値が「仕事・休暇」から「出会い」に変化​
  • 理想のワーケーションに“第2、第3のふるさとづくり”の声が目立つ結果に
  • 社会学的観点からも、ワーケーションによる関係人口化が広がる可能性が示唆
【ワーケーション実験】LINE連携の独自システム「温泉 MaaS」の利用検証結果

第二回 調査結果要旨

【ワーケーション実験】LINE連携の独自システム「温泉 MaaS」の利用検証結果

  • ​期間中に温泉MaaSを利用し、アンケートに回答した全員がワーケーション体験が向上したと回答(回答者8名中8名)
  • 温泉MaaS及び温泉MaaSチケット利用では、全員がタクシーを利用
  • 温泉MaaSチケットの用途を広げると、使われたチケット数は「移動」→「特産物、お土産購入」→「ワークスペース&カフェ利用」の順番に消費され、利用者の声からも、地域をより活用しワーケーション体験を向上させる結果に
  • 場所の情報はもちろん、参加者の位置情報公開など、参加者の交流が導かれる機能が求められる

実験経過配信中

「ワーケーション実験ノート」はワーケーションという分野に関わる人達と共に実体験やノウハウを広く共有する目的で作成しました。 書き連ねるのは千曲市ワーケーションで出会った住む場所も、職種も全く違うメンバーたちです。皆さんの役に立つことを祈っています。

ワーケーションとモビリティサービスを提供する仕組み「温泉MaaS」のソース・システム

ワーケーションとモビリティサービスを提供する仕組み「温泉MaaS」のソース・システムを公開しています。

温泉MaaSは、千曲市ワーケーション・ウェルカムデイズ公式LINEアカウントを介して利用するモビリティーサービスです。
タクシー配車やレンタサイクルの利用がワンストップで利用可能。
信州千曲観光局のウェブサイトと連携したワークスペースや観光スポットの案内、AIエンジンを利用した問い合わせ対応機能も備えています。
温泉MaaSのシステムを利用し、街づくりや地域活性化に役立てていただくように開発ソースコードや仕組みを公開しています。

本取組関係者

メディア実績

  • 2021/06信濃毎日新聞にてワーケーション体験向上ツール「温泉MaaS」が取り上げられました。
  • 2021/05NHK(信越版)にて水素自動車を使った仕事風景がニュースにとり挙げられました。
  • 2021/02-03長野全局にてトレインワーケーションがニュース・特集にて取り上げられました。
  • 2021/01/03SBC信越放送の新春経済特番でワーケーション事例として特集されました。
  • 2020/12ワーケーションの今と可能性分析レポートを公開しました。(信濃毎日新聞取材・掲載)
  • 2020/11INTERNET WatchでワーケーションEXPO@信州と共に取材を受け、特集として公開されました。
  • 2020/11SBC信越放送のSBCニュースワイドにて特集されました。
  • 2020/10abn長野朝日放送のabnステーションで特集されました。

※ふろしきやが進める「ワーケーションまちづくり事業」は
令和3年度長野県地域発元気づくり支援金事業に認定されています。